ワウネタ海外生活
トップオセアニアオーストラリア
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
イギリスの影響を大きく受けている国 【オーストラリア】
イギリスのクイーンの死去後、急遽作られた祝日

オーストラリアは昔、イギリスの植民地であったことから、イギリスの影響を大きく受けています。

もともとは、東南アジアから移住してきた先住民であるアボリジニと呼ばれる人たちが住んでいましたが、イギリス人がオーストラリア大陸を発見してから、イギリスがオーストラリア大陸を植民地として長い間支配してきました。

そのため、現在オーストラリアの公用語は英語です。方言や言い回しなどはイギリスとは異なるものもたくさんありますが、例えば、スペルはアメリカのスペルではなく、イギリスのスペルを採用しています。

そのため、イギリスのクイーンの誕生日が祝日になっていたりします。

最近では、彼女の死去から数日後に、急遽9月22日がオーストラリアの休日として政府からアナウンスがあり、祝日となりました。

さらに、イギリスのクイーンの死去後、新たなデザインの2ドルコインが発行されました。

祝日や公用語、コインのデザインなどさまざまな形でイギリスの影響を大きく受けているオーストラリア。

旅行中に探せば、さまざまな新たなつながりを発見することができるかもしれませんね。




2022/09/27 19:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

イギリスの影響を大きく受けている国 【オーストラリア】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -オーストラリアナビ-

Copyright(C) 2014-2022 AISE Inc. All Rights Reserved.