ワウネタ海外生活
トップアジアマレーシア
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
TSUTAYA BOOKS Bukit Jalilの様子【マレーシア】

クアラルンプールから車で15分ほどの、Bukit Jalilという地区にあるPavilionというモールに、TSUTAYA BOOKSがオープンしました。

7月にオープンしたTSUTAYAですが、8月に行った際もまだ人気で入店するのに5分ほど並ぶ必要がありました。

入ってすぐのスペースは、本屋というよりも雑貨を売っている部分が多く、文房具やかばん、タンブラーなどが展示されていました。

中には高価な食器なども展示されており、コロナ禍で日本に旅行に行けない親日家なマレーシア人をターゲットにしているようでした。

日本由来の本屋なのに、マレーシアの多民族文化に合わせて英語、中国語など多言語で本が販売されているのが不思議な感覚でした。

中に進むとカフェのスペースもあり、読書をしながらお茶を楽しむこともできます。

家族のメンバーが本を探している間に、他のメンバーがお茶をして待っている、という光景が多く見られました。

日本語のコーナーも充実していました。




2022/11/11 08:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

TSUTAYA BOOKS Bukit Jalilの様子【マレーシア】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -マレーシアナビ-

Copyright(C) 2014-2023 AISE Inc. All Rights Reserved.