ワウネタ海外生活
トップヨーロッパイギリス
英語とともに公用語であるウェールズ語とは?【イギリス・ウェールズ】

イングランド・スコットランド・北アイルランドとともにグレートブリテンを構成しているのが、Wales(ウェールズ)です。
そんなウェールズでは、英語とともにWelsh(ウェールッシュ)と呼ばれる独自の言語が公用語として使われています。
とはいえ、2013~2015年にかけて行われた「Welsh Language Use Survey(ウェールズ語の使用度に関する調査)」では、ウェールズ国内に住み、3歳以上でウェールズ語を話す人口はわずか24%であると発表されています。
特に、ウェールズの南西部ではウェールズ語を話す人口が少ないなど、地域によっての差が大きいことも問題視されています。


そのため、ウェールズ国内では図書館にウェールズ語の本が置かれていたりなど、ウェールズ語を話す人口を増やそうと様々な取り組みが行われています。
とはいえ、場所によっては英語しか話せないウェールズ人も多いため、絵本などにはウェールズ語の下に英語の記載がある本も多く見受けられます。
日本から離れ、環境ゆえ日本語を話す機会がめっきり減ってしまった今、こうした取り組みによってウェールズ人が独自の言語であるウェールズ語を後世に伝えていくことの大切さを実感するのです。




2018/08/18 12:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

英語とともに公用語であるウェールズ語とは?【イギリス・ウェールズ】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -イギリスナビ-

Copyright(C) 2015-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.