ワウネタ海外生活
トップ北米アメリカ
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
日本にはないスーパーのシステム?【アメリカ】

日本のスーパーにはおそらくないアメリカのシステムをご紹介しましょう。

この野菜たちを置いている冷蔵庫の上の部分を見ていただくと、銀色の金具に突起物がついているのがわかりますか。この金具の突起物から、スプリンクラーのように細かい水がサーっと出てきます。

その理由はというと、そのまま冷蔵庫に野菜を置いておけば、日本のように袋に入っていませんから、乾燥してしまいます。つまり、野菜の鮮度と質を保つための策なのです。



定期的にここから水が出てくるのですが、野菜を選んでいる時に水が出てくると、ただでさえ店内は寒いのに、夏場であってもこの水にかかって「寒い!」と、思わず叫んでしまうこともあります。

また、通常はこの固定タイプのものなのですが、スーパーによっては、たまにこれと同時にホースタイプのものも設置されており、お客さん自ら水をかけることもできます。

水が無駄になる気もしますが(カリフォルニアは水をリサイクルして道路の植物に欠けたりするのですが)、プラスチックごみが世界で問題となっている今、野菜を袋に詰めないこの策は良いのかもしれません。




2019/04/04 08:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

日本にはないスーパーのシステム?【アメリカ】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -アメリカナビ-

Copyright(C) 2014-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.