ワウネタ海外生活
トップ北米アメリカ
何でも早すぎない?【アメリカ】

年が明けて最初にやってくるアメリカの年間行事ともいえるもの、それはバレンタインでしょう。クリスマスが終わった直後からそれ関連のグッズが販売され、バレンタイン直前にはお店がピンクに染まります。そして、それが終われば次は3月20日前後にあるセントパトリックデイで、この時には一気にスーパーなどが緑色に変わります。

その後は4月のイースターとなり、イースターエッグのケースや、その中に入れるお菓子などが販売されます。

では、次は何かというと、5月末にあるメモリアルデイですが、これよりも重要視されているのが、7月の独立記念日です。メモリアルデイも確かにアメリカの国旗が掲げられますが、この国旗をデザインしたアイテムたちは、明らかに独立記念日用のグッズです。

売上げをアップしたいのは世界各国のお店で同じ思いを持っているでしょうが、イースターが終わる前から既に7月のイベントグッズを販売するあたり、いくら何でも早すぎますよね。




2019/04/24 19:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

何でも早すぎない?【アメリカ】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -アメリカナビ-

Copyright(C) 2015-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.