ワウネタ海外生活
トップヨーロッパオーストリア
オーストリア土産の定番、モーツァルトチョコはどこの会社のがいい?【オーストリア】

オーストリアのお土産といえば、ザルツブルク出身の偉大な音楽家モーツァルトの肖像画の包み紙でおなじみのモーツァルトチョコ(モーツァルトクーゲルといいます)がド定番ですね!空港やお土産屋だけでなく、スーパーでも必ず見かけるくらい、オーストリアではおなじみのチョコです。

このモーツァルトチョコ、実は製造販売している会社はいくつかあり、よく見るとモーツァルトの肖像画もチョコ自体も微妙に違うんです。有名なのはReber(レーバー)社のものとMirabell(ミラベル)社のものでしょうか。

モーツァルトチョコ自体はピスタチオのマジパンやヘーゼルナッツ風味のプラリネが入っているものが多いようですが、会社によって微妙に割合が異なるようです。私はチョコレートは好きなのですが、マジパンはそこまで好みではないので(日本人にはマジパンはあまり人気がないようです)、マジパンの割合が半分ほどを占めるReber社のものよりも、チョコとマジパンのバランスが程よいMirabell社のもののほうが好みでした(写真は、左がReber社、右がMirabell社です)。

ちなみにReber社のモーツァルトチョコは結構輸出されており、オーストリア以外でも手に入りやすいので、お土産にするならMirabell社のものがおススメです(サイズも少し小さめなので、食べやすいと思います)。



ほかにもモーツァルトチョコは数種類あり、高級食料品店ユリウスマインルやウエハースでおなじみのマナー社も独自のモーツァルトチョコを出しているようです。ただ、日本人になじみのない香辛料が使われていたりマジパンの割合が多かったりするので、いろいろ試してみて自分の気に入ったものを探すのもいいかもしれません。

でもやっぱりオーストリア土産なので、自分の好みのモーツァルトの肖像画で選ぶのもアリかも!値段はどれも1袋3ユーロ~6,7ユーロ(約750円~870円)ほど(10粒以上は入っています)。オーストリアのお土産にぜひどうぞ!




2019/05/14 08:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

オーストリア土産の定番、モーツァルトチョコはどこの会社のがいい?【オーストリア】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -オーストリアナビ-

Copyright(C) 2015-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.