ワウネタ海外生活
トップ北米アメリカ
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
ハーレムで音楽に癒され、物乞いに驚かされる【アメリカ】

ニューヨーク(New York)のアッパー・マンハッタン(Upper Manhattan)の友人が住んでいたハーレム(Harlem)のアパートに滞在中に、そのエリアでいろんなことがありました。

まずは、ハーレムは昔からアフリカ系アメリカ人の文化が根付いていて、普通に地下鉄に向かう道や観光してきてアパートに戻る時などに、道端で音楽を奏でるストリートミュージシャンにも何人か遭遇しました。
特に、テナーサックスでジャスミュージックを奏でる結構年配の方は印象的でした。

ニューヨークの街を歩いていると、物乞いをされている方が結構いらっしゃるのですが、ハーレムでも遭遇しました。
私たち観光客にというよりは、ニューヨークに住む友人に「お金を恵んでほしい」と話しかけに来ました。

「ごめんね。自分の生活で精いっぱいでお金はあげられないんだ。今度何か食べるものを恵んであげられるようにするね。」と答えた友人に対して、その年配の物乞いをする女性は「ふざけんな、このゲイが!最低なファゴットが!」と態度が一変して攻撃的になりました。
もう、私はビックリしてその場からすぐに去ろうとしました。
そんな中友人は冷静で「そんな態度をとるなら何もしてあげられないよ。そんな言動は受け入れられない。」と言い、それに対してまだ罵ってくる物乞いを無視して歩き続けました。

ファゴットなんて言葉は聞いたことがありませんでしたが、友人は「すごく侮辱的な言葉だよ。ああいう物乞いには気を付けてね。」と言っていました。
あんな言い方をされてまで、冷静に対応した友人を尊敬しました。
ニューヨークでは、こういうことは日常的に発生しているのでしょうかね。



2020/07/02 19:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

ハーレムで音楽に癒され、物乞いに驚かされる【アメリカ】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -アメリカナビ-

Copyright(C) 2015-2020 AISE Inc. All Rights Reserved.