ワウネタ海外生活
トップヨーロッパセルビア
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
新しい観光スポット!サヴァ大聖堂の天井画【セルビア】

セルビアの宗教は正教会ですが、この正教会の世界最大級の聖堂がベオグラード(Beograd)の中心部にあるサヴァ大聖堂(Hram Svetog Save)です。青緑色のドームの上に金の十字架が輝く聖堂は、この街のランドマークとして親しまれており、またセルビア国内外から多くの観光客が訪れる人気スポットでもあります。
建設は1935年に開始され戦争などにより工事が中断されつつも、長いあいだ建設工事が進行していました。最近になりようやく天井画が完成。入場無料で聖堂内部を見学できるようになっています。高さ約65メートル、ガラスや石を使ったモザイクによる煌びやかな天井画に圧倒されることでしょう。

聖堂の中にはお土産屋さんもあります。イコンや宗教関連の本、カレンダーなど、たくさんのグッズが販売されています。宗教色が強いものばかりですが、おすすめはブレスレット。200~300ディナール(約200~300円)とお手頃価格でデザインも豊富です。


また聖堂の周りは、地元の人々に愛されている憩いの公園となっており、犬の散歩で訪れる人や家族連れで賑わい、ベンチも多くあるのでのんびりできます。
夜はライトアップされたり、また冬は雪景色が楽しめたりと、時間帯や季節によって趣が異なるのも大きな魅力です。






2021/07/09 19:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

新しい観光スポット!サヴァ大聖堂の天井画【セルビア】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -セルビアナビ-

Copyright(C) 2014-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.