ワウネタ海外生活
トップアジアカンボジア
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
プノン・バケンの丘から夕日を眺める【カンボジア】

プノン・バケン寺院は、アンコール遺跡の一つです。60mほどの自然の丘を利用したつくりで、ロリュオスにあるバケン寺院(プノン・バケンより約20年早く造られている)を模したとも言われています。建立されたのは10世紀の初めです。

60メートルの高さの山頂からはアンコールワットや西バライが望め、特に夕日の時間には人気が高いです。



中央の祠堂に彫られたデヴァターはすばらしいです。また、山頂からの景色は絶景で、アンコール・ワットが見下ろせる唯一の場所でもあるとともに360°の展望がきき、市街地をはじめ東にアンコール・ワット、西に西バライ、トンレサップ湖、遠方にアンコール三聖山(ひとつはプノン・バケン)のプノン・ボック(標高247m)、プノン・クロム(標高137m)までが遠望できます。夕日のビューポイントになっており、夕方から多くの人で賑わいます。

山への入場は時期(夕日の落ちる時間)にもよりますが通常は17時頃となっており、特に山頂にある遺跡への階段は17:30頃となり、その時間を過ぎると入場できなくなるので注意が必要です。




また、山頂部への入場は遺跡保護のため、300人までという規制があり、それを越すと誰かが下りない限りは入場できないので、できれば早めに到着しておいたほうが良いでしょう。



2016/08/09 18:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

プノン・バケンの丘から夕日を眺める【カンボジア】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -カンボジアナビ-

Copyright(C) 2014-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.