ワウネタ海外生活
トップアジアインド
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
ヒンディ語で旅をもっと楽しく!【インド】

インドは独立前まで長い間イギリス領でした。その所為で第二公用語は英語です。英語教育が盛んなので、都市部では英語が話せる人も多く、英語ができれば基本問題なく旅行することができます。

が、彼等の話しているヒンディー語ができたとしたら、旅はもっと楽しくなりますよ。北インドを中心に約4億人が話しているとされるヒンディー語をちょっとかじってみましょう。

「ナマステー」 ハワイの「アロハー」同様、おはよう/こんにちは/こんばんは、は全部ナマステーでOK。両手を合わせ、胸の高さまで上げるとより丁寧です。

YES=ハンジー/No=ナヒーン YES=ハンジー、はデリーで主に話されている「はい」の意味です。首を前ではなく、横へしゃくるように倒すのが「うなずき」の合図です。

アッチャー ヘ!=いいですね! 美味しいですか?アッチャー ヘ!良く眠れましたか?アッチャー ヘ!これでいいですか?アッチャー ヘ!とかなり便利な言葉です。

ありがとうや、ごめんなさいがないワケですが、これはインド人も普段使わないからで、thank youとsorryで充分です。何故か?これに該当するヒンディ語は「誠にいたみ入ります」と「何卒お許し下さい」にあたるからで、要するに大仰なんですね。




2016/08/12 15:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

ヒンディ語で旅をもっと楽しく!【インド】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -インドナビ-

Copyright(C) 2015-2020 AISE Inc. All Rights Reserved.