ワウネタ海外生活
トップオセアニアオーストラリア
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
雇用形態1、フルタイムとパートタイム 【オーストラリア】
給料明細、祝日は未就業でも給料が支払われる

オーストラリアの雇用形態は、主にフルタイム、パートタイム、カジュアルと3つあります。

フルタイムは1週間に38時間以上働くことが保証されている雇用形態で、それ以下の時間であれば、パートタイムの雇用となります。

そのため、例えば、1日7時間半の労働で5日間出勤の場合でも、1週間で37.5時間の就業になるため、雇用形態はパートタイム扱いになります。

ただ、パートタイムとフルタイムの違いは、時間の差だけで、他の条件は同じです。

フルタイムとパートタイムで就業すると、日本と同様に有休がもらえます。ただ、有休は就業時間に応じてもらえるので、日数ではなく、時間でもらえます。そのため、1か月ほど働くだけでも、フルタイムで働いていれば、10時間以上の有休がもらえます。

フルタイムとパートタイムの就業で日本にはないうれしいシステムは、祝日は働かなくてもお給料がもらえるところです。本来、祝日でなければ出勤する予定の曜日に限りますが、その場合、働かなくても基本給が雇用者から支払われます。

また、繁忙期の祝日でやむをえず出勤しなければならない場合は、会社や職種にもよりますが、基本給の2~3倍の給料がもらえます。

オーストラリアでフルタイムやパートタイムで仕事がもらえれば、祝日に旅行をしながら、有休を使うことなく楽しむことができますね。

  • タグ

    2022/09/15 19:00  Copyrights(C)wowneta.jp

    この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

雇用形態1、フルタイムとパートタイム 【オーストラリア】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -オーストラリアナビ-

Copyright(C) 2014-2023 AISE Inc. All Rights Reserved.