ワウネタ海外生活
トップアジアシンガポール
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
家族のビザも大変なシンガポール【シンガポール】

シンガポールで働くというとよいイメージがあるかもしれませんが、その分だけ非常に審査が厳しいのがこの国の特徴でもあります。

 働く人が取得するビザを取得するだけでも収入が学歴など多様な審査に通過しないと就労ビザが降りないのですが、家族に対するビザの要件も厳しいです。
直近では2015年に配偶者ビザの取得に関する改定があり、就労者本人が就労ビザを取得している場合、給与月額の最低ラインが5,000シンガポールドル(408,000円)になりました。
つまり就労をする人の収入がこの金額を下回ってしまうと配偶者と同行する子供に対するビザが降りない状態です。

 日本を出発する段階で、どの程度の収入があるのかを証明する必要があり、シンガポールに到着してからも収入証明を提出しなければいけないケースもあります。
特にシンガポールに来てから仕事を探すという場合には、家族と一緒に赴任をしても滞在ビザが切れるまでに収入証明を出さなければいけないのでとても大変です。
ビザ要件を自分がしっかりと満たせるかどうか確認してから家族を呼び寄せるのが得策です。




2019/07/26 12:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

家族のビザも大変なシンガポール【シンガポール】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -シンガポールナビ-

Copyright(C) 2015-2020 AISE Inc. All Rights Reserved.