ワウネタ海外生活
トップアジアタイ
タイの複雑なお酒事情 購入時間の制約【タイ】

タイの人もアルコールを飲む人は多く、シンハーやLEOといった有名なビールメーカーもあります。

スーパーやコンビニエンスストアに行けば、お酒はたくさん並んでいますが、「いつでも購入できるわけではない」というところにタイの面倒な事情があります。

タイでは、お酒を購入することができる時間帯が決められており
・AM11:00~PM14:00
・PM17:00~PM24:00
となっています。

これはスーパーなどでアルコールを購入するだけでなく、レストランなどの飲食店においてアルコールを提供する時間も当てはまります。
つまり、深夜や早朝の時間帯はアルコールを注文することができません。

この時間帯になるとアルコールが販売されているエリアにはロープが張られたり、レジに持って行っても会計をしたりしないので注意しましょう。

ただし、抜け道があって、購入できないだけであり、事前に買っておいたものを飲むのは自由です。

事情を知らない人は、なぜ購入できないのか怒る人もいますが、法律違反(購入者だけでなく販売者も罰せられる)ので注意しましょう。




2019/11/20 19:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

タイの複雑なお酒事情 購入時間の制約【タイ】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -タイナビ-

Copyright(C) 2015-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.