ワウネタ海外生活
トップアジア台湾
台北市内では今では日本でいうアパートやマンションが一般的でなかなか見る事ができませんが、少し都市部を離れると台湾にも昔ながらの家が今なお多く残る地域がたくさんあります。
台北から新幹線で1時間ちょっとでつく高雄という南の町に、台湾のディズニーランドと称される佛光山があります。
親日国として有名な台湾には日本のレストランが多く軒を連ねますが、ファッションブランドも多く進出しています。
日本でも結婚式をあげたり結婚をした際、友人などにポストカードを送ったり、結婚式場に来られた方にプレゼントを配ったりという文化がありますが、台湾の結婚式は日本とは比べものにならない程の親戚や友人が集まるため、伝統的な結婚式を行う方などでしたら200人300人が集まるという事も少なくありません。
台北の紹介をする際必ず登場するのが手のひらよりも大きな事で有名な台湾のフライドチキン雞排。
台北に限らず台湾の比較的田舎の方で多く見られる鳥の丸焼き、桶仔雞(トンザイジー)をご存知でしょうか。
台湾の一般家庭には必ずといっていいほど昔から一般家庭の必需品として常備されている家電「電鍋」。
日本以外にも多くの国で高速鉄道というのは交通手段として一般的になってきましたが、ここ台湾でも新幹線に当たる高鐵(ガオティエ)は交通手段として一般的に利用されています。
日本統治時代という歴史背景から日本の文化が今なお残る台湾ですが、町を歩くとやはり日本とは違う国なんだなと感じさせられる光景が数多く存在します。

アジア | ワウネタ海外生活 -台湾ナビ-

Copyright(C) 2015-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.